読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳ガイド「シュガ子のせいかつ」

その日に食べたいレシピをあげています。そうです。趣味です。あとは、主に芸能人、社員旅行、御一行様向けツアーの通訳&ガイドをやってます。海外に行く仕事なので、そのとき思ったこと、知ったことをメモってます。通訳業とFXで生計を立てています。

【1000万円への道】FXの基本を身につければ成功する

■外貨預金って何?

 

外貨預金とは、読んで字のごとく

「外貨での預金」のこと。

 

通常、預金は「円」なので、

通帳の預金残高は「円」で書いてある。

 

これが「外貨預金」になると、

通帳に「ドル」や「ユーロ」、「ポンド」で記載

されることになる。

 

要するに、自分が持っている円を、

一度外国の通貨に替えて、

外国の通貨として預金するんです。

 

 

 

●今までドルで書かれた通帳なんて見たことない。

 

ドルを銀行のATMに入れたら「10ドル預かりました」

ってなるの?

 

そうではない。

 

結論から言うと、

銀行やコンビニのATMに普通に海外の

お金を入れてもだめ。

 

ちゃんと外国の通貨を預金する口座、

外貨預金口座が必要だ。

 

では、どうやってその「外貨預金口座」をつくるか

というと、

これは普通の通帳をつくるのと同じで、

銀行に行ってお願いすればいいだけなのだ。

 

ただし、外貨預金口座をつくれる銀行と

つくれない銀行があり、

また窓口もいつものところとは別。

 

でも、そんなに難しいことではないので、

挑戦してみてほしい。

 

インターネットで「外貨預金」を調べて、

取り扱いのある銀行に行って問い合わせれば

すぐに口座が開設できるのだ。

 

つづく