読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳ガイド「シュガ子のせいかつ」

その日に食べたいレシピをあげています。そうです。趣味です。あとは、主に芸能人、社員旅行、御一行様向けツアーの通訳&ガイドをやってます。海外に行く仕事なので、そのとき思ったこと、知ったことをメモってます。通訳業とFXで生計を立てています。

【1000万円への道】外貨預金の儲けポイント

■なんでわざわざ外貨預金なんてするの?

 

【外貨預金の儲けポイント】

 

もちろん、外貨で預金しなければならない

ということではない。

 

なぜ外貨預金をするかというと、

簡単にいえば、

「外貨預金の方が儲かるから」だ。

 

儲けたいから外貨預金をするわけだ。

 

これはFXにも関連する非常に重要なポイントに

なる。

 

外貨預金をする理由は2つあって、

 

①外貨預金の方が、

理恵氏がたくさん付いて、

円で預金をしておくより、儲かるから。

 

②為替が変動すれば、

もっと儲かるチャンスがあるから、

だ。

 

順番に説明していこう。

 

 

 

 

■内外金利差とは?

 

「内外金利差」とは、「内」と「外」の金利差のことで、

つまり、日本と外国の金利の差を指す。

 

日本の金利ゼロ金利政策以降、

ほぼゼロの状態が続いている

 

しかし、海外に目を向けると、

年率3%、5%、中には10%を超える金利の国も

ある。

 

日本で100万円を1年間銀行に預けても、

利子は1年間で数千円しかつかない。

 

しかし、100万円を外貨に替えて預金すれば、

数万円の利子がつくこともある。

 

だから、わざわざ外貨で預金をしようということに

なるのだ。

 

ただし、ここでひとつ注意しなければならない。

 

海外で金利5%の国を見つけて預けたとしても、

そのまま5%多く儲かったとはいえない。

 

そのお金を日本で預けていたとしたら、

たとえば0.1%の金利が付いたはず。

 

だから、プラスで儲かったのは、

「5%マイナス0.1%」の「4.9%」になる。

 

だから金利差」に注目するのだ。

 

0.1%だと大したこともないように思えるが、

これが2%、3%になると影響が大きくなる。

 

もともと3%の金利で預金できる人が、

5%で預金できる通貨を買っても、

2%しか得をしない。

 

仮にその人が「5%で預金できる通貨」を

選ぶために、

2.5%分のコストがかかってしまうのであれば、

結果的にもらえる利子は少なくなり、

「損」をすることになる。

 

このように「差」で考えないと、

実態に正確に把握することはできなくなるので、

注意しよう。