読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳ガイド「シュガ子のせいかつ」

その日に食べたいレシピをあげています。そうです。趣味です。あとは、主に芸能人、社員旅行、御一行様向けツアーの通訳&ガイドをやってます。海外に行く仕事なので、そのとき思ったこと、知ったことをメモってます。通訳業とFXで生計を立てています。

【第1話で判断】ドラマ「13」は、13年前に誘拐された子が帰ってきた話

イギリス英語が際立っているドラマ「13」。

 

f:id:tcguide:20170106232452j:plain

 

 

13年前に誘拐された主人公の女の子が、

 

突然脱出して警察のところに逃げてくるところから

物語は始まる。

 

普通のドラマだと、「誘拐されてしまったけれど、なんとかなる」

という流れではないだろうか。

 

しかし、このドラマは、

「誘拐されて13年経ち、その後見つかった後の心情と誘拐の不思議」を

見ていくドラマなのだ。

 

誘拐された子は13年経って、26歳になり、

そして、その家族の様子も誘拐されてしまった13年前と

まるっきり生活が変わってしまっているのだった。

 

この13年には何があったのだろう、

そしてこの女の子、いや、もはや女の子ではない。

 

「れっきとした女性の主人公はどうなっていくのだろう?」、

というのを見ていくのだ。

 

このドラマを見てすぐに、ある事に気づいてしまった。

そして、そうとしか見れなくなってしまった。

 

そう、この主人公、

ベッキー」にそっくりなのだ。

 

特に、誘拐されて脱出してきたときの痩せ感が、

昨年の「ゲス不倫」のときを思わせるのだ。

 

血色の悪い顔色と、表情がさらにそう思わせてしまうのだ。

 

とにかくみてほしい。

 

ストーリー性は、第2話までを見た感じ、

もっとスピード感がほしいと思ったが、

まだ見続けようと思っているのだった。