読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳ガイド「シュガ子のせいかつ」

その日に食べたいレシピをあげています。そうです。趣味です。あとは、主に芸能人、社員旅行、御一行様向けツアーの通訳&ガイドをやってます。海外に行く仕事なので、そのとき思ったこと、知ったことをメモってます。通訳業とFXで生計を立てています。

【妊活】妊活ごはんを試す①

妊活力UPのために大切なのが、

「食生活」。

食事を改善して、もふもふベッドづくりを頑張ろうと思う。

 

栄養士さんが話す内容を↓にメモる。

 

【妊娠体質を変えるために】

 

①1食2タンパク質以上を心がける

 

タンパク質は、妊娠体質のためには

必要不可欠。

 

さらに、種類の違うものをバランスよく

摂ることが大切。

 

1食の献立を考えるときに、

肉、魚、乳製品、卵、大豆製品の中から2種類のたんぱく質を、

それぞれ手のひら1つ分ずつ取り入れるようにするといいのだとか。

 

★主菜は肉か魚でしっかり

 

主菜は、タンパク質が効率よくとれる肉、魚のメニューを。

特定の食材に偏ることなく、

牛、豚、鶏、鮭、マグロ、サバなどいろいろなものを食べる。

 

★副菜は卵、豆腐、チーズなど

 

副菜は野菜だけと考えがち。

でも、タンパク質をプラスしてあげるようにする。

火を使わなくてもいい豆腐やチーズ、

どんな食材にも合う卵など、

手間の少ないものを活用する。

 

 

②不足しがちな鉄分・亜鉛葉酸を積極的にとる

 

普段から不足しがちな3つの栄養素は、

妊活力UPのためにさらに積極的に摂取をする。

 

鉄分は子宮の環境を整えて、

亜鉛は女性ホルモンを高める。

 

葉酸は、妊娠初期の胎児の脳の発達を

助けるので、

妊娠前からとっておくようにする。

 

★鉄分

牛、豚、鶏レバー、牛肉、豚肉、

鶏肉、マグロ、カツオ、サバ、

イワシ、煮干しなどに含まれる。

 

動物性食品に含まれる鉄分のほうが

植物性食品のものより体に吸収されやすい。

 

亜鉛

カキ、牛肉、牛・豚・鶏レバー、鮭、

アサリ、カマンベールチーズ、卵黄、

パルメザンチーズ、アーモンドなどに

多く含まれる。

 

葉酸

牛・豚・鶏レバー、ブロッコリー、小松菜、

グリーンアスパラガス、パセリ、クレソン、

アボカド、いちご、キウイなどに多い。

 

吸収を促すビタミンB12などと食べるといい。

 

 

 

③糖質はオフ!血糖値の急上昇を抑える

 

ごはんやパン、麺、お菓子などの糖質は、

体の吸収されるスピードが速く血糖値を急上昇させる。

 

それにより、太りやすくなったり、

ホルモンバランスを乱すなど妊娠しづらくなる可能性がある。

 

食べ過ぎは避け、

玄米やライ麦など吸収が緩やかな精製される前のものを

選ぶ。

 

がんばろう!